家賃滞納のピンチをキャッシングで逃れた

社会人になり、給料から逆算する形で綿密に計算をして無理のない家賃の家を借りたはずでしたが、実際には飲みなどの人付き合いなどによる思いがけない出費が多く、貯金するどころか毎月生活を続けるのがやっとという状況で困っていました。そしてとある月、友人の結婚式に出席することが決まり、ご祝儀としてどうにか3万円をかき集めることはできたのですが、そのしわ寄せによって家賃を期日通りに支払うことが難しい状況になっていました。

実は私は以前に一度だけ家賃を滞納したことがあります。不動産屋さんとの契約上、保証人には保証会社を利用することになっていたのですが、家賃を滞納した翌日から電話がかかってきて、しかもかなり高圧的な態度を取られてしまい嫌な思いをしました。もうあんな経験をするのはご免だったので、家賃の支払いにキャッシングを利用することにしました。

幸いなことに即日キャッシングが可能な業者が複数見つかり、30日間無利息という条件の会社と契約し、家賃を支払うために必要なお金を手に入れることができました。次の給料日に返済を行いましたが、約束通りに利息なしで返せたので安心しました。こんなことならもっと早くキャッシングをしておけば良かったとすら思っています。


このページの先頭へ